のし(熨斗)

のし(熨斗)とは

のし(熨斗)は、のし飾りの中にある金色の部分を指します。
akakin7noshi_setsumei_4-crop

正式な名称は以下の通りです。
akakin7noshi_setsumei_3

「のし(のし飾り)」と「水引」が付いた掛け紙のことを「のし紙」といいます。「水引」だけの掛け紙のことは、「のし紙」とはいいません。

のし・・・のし飾りの中の金色の部分
のし飾り・・・のしを飾っているもの
水引・・・帯で結ばれている飾りのこと
のし紙・・・のしと水引が付いた掛け紙のこと

のし(熨斗)の由来

■昔はあわび(鮑)が贈られていた
昔、お祝い事に海産物を贈る風習の中から、あわび(鮑)が贈られるようになりました。やがて、日持ちのする「のしあわび(干して伸ばしたあわび)」になり、吉事に縁起物として贈られる習慣ができたと言われています。

■飾りから印刷へ
本物ののしあわびが贈られていましたが、やがて、のしあわびは簡略化され、飾りとなり、現在では印刷される形になっています。

■のし(熨斗)と呼ばれるようになった2つの説
「のし(熨斗)」といった呼ばれ方には、2つの説があります。1つ目が、あわびを干した「伸しあわび」から「のし(熨斗)」になった説。2つ目がのしあわびの包み方を「熨斗折り」と言ったことから「のし(熨斗)」になった説。このようなところからも、日本の文化歴史を感じ取ることができます。

のしの使い方

囲みテキスト

囲みタイトル

囲みテキスト

囲みタイトル

囲みテキスト

のしは、昔、伊勢神宮
海産物にのしはつけない

水引(みずひき)は祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白などの帯紐。

慶事・・・結婚や出産などの祝い事
弔事・・・死去、葬儀などの死を悼む事